自作料理 『 こだわりの天然素材 』 ・・・福島県南会津・・・

2016-04-06 | 18:00

2月に東京・ みや穂さん に行きました。
絶品料理をいただき、その際に出汁の素材や引き方等をお聞きしました。

IMG_7656s2.jpgIMG_7657s2.jpg

昆布をいろいろ試したそうですが、羅臼昆布にたどり着いたそうです(*^_^*)
北海道羅臼町から取り寄せました・・・


IMG_7660s2.jpgIMG_7668s2.jpg

一つの箱に、この長い天然昆布が3枚入っています♪ 醤油も和歌山から取り寄せました。


IMG_7663-2.jpg

1枚が約150㌘です。
水1㍑ に対して昆布10㌘ で出汁をとりたいと思います♪(それよりは若干多めに入っています)


IMG_7757-2.jpg

担々麺でご存知の皆川食肉店(会津若松市)さんから、生もつ2㌔を購入。

それを下茹でします・・・


IMG_7758s2.jpg  IMG_7760s2.jpg

一度下茹でしただけでも、量が減りますね・・・
しかし・・・
生の豚ホルモンを下茹でする匂いは・・・
この世のものとは思えない強烈なものです(ToT)/~~~


IMG_7765-2.jpg

2度目の下茹でからは、そんなに強烈な匂いは漂ってきません。


IMG_7762-2.jpg

結局下茹では、3回しました。
その間に水にひたしておいた羅臼昆布で出汁を引きます♪
羅臼昆布で出汁を引いた後は、花かつおで仕上げ出汁の完成です(*^_^*)


さて・・・
今回の出来はどうでしょうか?



IMG_7771-2.jpg

2日かかりで仕上げた、もつ煮込♪
もつは、生ホルモンを使ったからかどうかは不明ですが、トロトロです♪
溶ける一歩手前の状態。
湯浅醤油で下味を少しつけて煮込み、最後は白味噌と八丁味噌で仕上げました。



IMG_7772-2.jpg

少し薄味でしたが、今回もなかなかよくできたと思います。
寸胴一杯に作りましたが、2日待たずに売り切れとなりました♪





いつも最後までのおつきあいありがとうございます
よろしければ ↓ クリックお願いできますでしょうか^^






Comment

高級モツ煮

凄い拘りですネ!
今は廃業した行きつけの焼き鳥屋の定番でしたが、
呑み量が減るためほとんど口にせず。

前回の記事を拝見し、今頃になって懐かしくなり
チャレンジしてます(笑

  • 2016-04-07 | 20:34 |
  • sachs URL :
  • edit
sachsさん

 高級モツ煮?

豚もつ自体のはご存知のようにお求め易い価格なので、おっしゃるような高級ではけっしてございません^^;

科学ですかね・・・
自分にとって料理は♪
どう素材を使えばベストな味になるか(*^_^*)
まだまだです。



  • 2016-04-07 | 20:59 |
  • アーモンド URL :
  • edit

Post a comment

Secret